Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【地区とは】創価学会・組織の組織区分Q&A

地区とはどのような範囲ですか?
本記事では創価学会の組織区分である『地区』を解説します。

【地区とは】創価学会・組織の組織区分Q&A

創価学会の『地区』について教えてください。

地区とは組織区分のひとつです。まずその上の組織から説明した方が解りやすいです。
市区町村。関東圏内の人口の規模ならば、ひとつの市で4本部から5本部ほどの『本部』という組織があります。その『本部』を細分化して次の組織名が『支部』、さらに細分化したものが『地区』です。基本的には地区が最小単位の組織となり、座談会も地区で行うのが創価学会の一般的な常識です。

厳密にはその下のさらに細分化した組織・グループもありますよ!

上記の文章だけではイメージがつきにくいかもしれませんので、説明しますと

千葉県〇〇市で、『本部』が5つあります。A本部、B本部、C本部、D本部、E本部。

さらにそれぞれに本部を細分化して『支部』があります。

例えば、A本部を3つに細分化して3つの『支部』が存在するイメージです。

※勿論支部の数はその本部によって数が増減して構成されています。臨機応変です。

A本部の中にA支部、B支部、C支部とあり、

さらにそれぞれの支部を細分化して『地区』があります。

A支部の中にA地区、B地区、C地区、D地区といった組織構成です。

地区部長という役職があれば、ようはA地区の組織責任者、ということです。