Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【風俗 仏教 仏法】酒-タバコ-女-ギャンブル-依存症は繋がっている|風俗へ行ってもいいの?

仏教の教義上、仏法上、風俗へ行ってもいいのでしょうか?

本記事では依存症の本質に迫ります。

酒-タバコ-セックス-ギャンブル-依存症は繋がっている

快楽物質ドーパミン

ドーパミンはあらゆる依存症に繋がっています。細かいメカニズムは割愛かつあいしますが、最大快楽と言われるヘロインコカインも薬理は違えど、最終的にはドーパミンによって快楽を得ています

しかし、ドーパミンは悪者でもなく、人間が人間的に習慣を形成し、努力し続ける為にも貢献しており、ドーパミンの助けで個体の生をまっとうし、種としての生の存続を行っているという側面もあります。

つまり、ドーパミンは依存症という地獄へも導き、活力・生命力という生の根源にも通ずる、もろ刃の剣もろはのつるぎなのです。

所詮は、ドーパミンに支配されるか、ドーパミンを支配するか、人の一生はどちらかでしかなく、どちら側で生きるかによって180度結果が変わってしまうという事実を深く信じるべき、そう考えています。

依存症の定義

定義を決定する立場などによっても内容は変わってきますが、例えば厚生労働省の場合は、

「やめたくても、やめられない」状態依存症の定義です。

また、

こちらのNPOでは自分の生活や人生にダメージを与えているのに、意志の力ではそれがやめられない状態依存症の定義とされています。

 

依存症の正体

依存症の正体は、ドーパミンの快楽の反復による脳の神経回路の変性です。

変性していくことによって、その物質、その行為がどんどんやめられなくなっていきます

 

そして筆者が定義する依存症とは、まさにこの渇望状態そのものを指します。必要な欲求(快楽・ドーパミン)を必要なときに発現し不要な場面では不要な欲求(快楽・ドーパミン)を発現させない、このようなコントロールができない状態を依存症と定義します。

 

つまり、「やめたくても、やめられない」状態でもなければ、自分の生活や人生にダメージを与えている状態でもないのです。

これだけでは説明が不十分です。「やめたくても」の部分には当人の価値観が含まれています。不倫が正しいと考える人間は、そもそもやめたいとも思っていない(主観的認知が歪んでいる)ため、当てはまらなくなります。

また、「自分の生活や人生にダメージを与えている」これはつまり「損害」があるかどうかということですが、社会的損失、経済的損失、時間的損失などがなければ、或いは多少の損失程度なら、依存症ではないというものでもないです。依存症に現状維持というものはありません。徐々に脳は変性していくため、減少や断ち切りを実行していかないと、依存症はエスカレートせざるを得ないのです。

ドーパミンによる支配という本質から向き合っていかないと、今は「損害」がない、或いは多少、であったとしてもいづれ引き返せないところまで行きかねません。

依存症【仏法からの視点】

仏法から見たとき、この依存症とは餓鬼界の境涯を指します。

餓鬼界とは、欲望が満たされずに苦しむ境涯です。この境涯には当然「損害」という概念はありません。ただ、際限のない欲望にふりまわされ、心が自由にならず、苦しみを生じる境涯を指すのです。

このように、仏法の視点から見ると、依存症は餓鬼界そのものであり、損害云々の勘定はなく、ただ心が自由にならない様相を指しているのです。

餓鬼界という視点から見て全てのドーパミン依存行為は繋がっている

タバコはやめれるが、酒はやめれない『せめて酒ぐらいなら解放してもいいだろう』というのは本質的には誤りということです。

餓鬼界という境涯そのものから抜け出せていないし、ドーパミン支配という根本的な回路からも抜け出せていません

全ての依存症を断ち切り、必要なものだけを自在にコントロールできることが、境涯の基底部の底上げであり、真に心の自由を手に入れ解放することに繋がります。

全ての感覚器官が清浄になっていく六根清浄の功徳という観点からも、少しづつでも依存症を解消していく深い決意を祈らないなら、おおよそ信心とは言えない真逆のものになってしまいます。

タバコぐらいいいだろう、風俗ぐらいいいだろう、そうやって限定解放している内は一生ドーパミン支配からは逃れられず、心の訓練にもならず、境涯革命も人間革命も宿命転換も、遠のいていくばかりでしょう。

風俗へ行ってもいいの?

さて、それでは酒を飲んでいけないのか?タバコを吸ってはいけないのか?ギャンブルや風俗に行ってはいけないのか?

これも答えはシンプルです。

必要な欲求(快楽・ドーパミン)を必要なときに発現し不要な場面では不要な欲求(快楽・ドーパミン)を発現させない、このようなコントロールができればOKなのです。

やめられない渇望状態でない(しらふが保てる)なら、別に行ってもOKということです(しらふで行く意味はないと思いますが……)

 

依存症にはスイッチがあります。依存症の人ならわかるでしょう。渇望状態のときの自分と、しらふのときの自分は、まるで別人のような感覚です。

この渇望に支配されているなら当然行くべきではないですし、行って渇望状態になってしまう可能性があるなら、これも行ってはダメでしょう。

 

過去、戦争で慰安婦問題が取り沙汰されますが、慰安所に行って、慰安婦と対面しても、その場で家族へ手紙を書いたり、読書をして過ごす日本兵も少数ながらいたそうです。

 

風俗でそもそもしらふが保てて、何もせず過ごせるなら、ただのお金の無駄です。つまり正常なら行かないということであり、行ってしまう人というのは大半が性依存症患者ということなのです。

正解はない

大聖人女性信徒に宛てたお手紙で興味深いものがあります。

それは、愛人との関係がやめられない女性信徒に宛てたもので、直ちに縁を断ち切れというわけでもなく、それはそれで仕方ないと認めた趣旨の内容の御書です。

御書編纂へんさんする過程において、世間的にどうなのか?と問題になり、収録されていない内容群の一部です。

 

ドーパミンの脳神経回路の変性は恐ろしいもので、依存が極まっていくと、脳がそれを生きる目的に完全にすり替えて認知するようになってしまいます。

生きる目的への完全なるすり替え、つまりは『生きがい』になってしまうということです。

痴漢やセックス、酒やギャンブルが『生きがい』と認知されてしまったを、元に戻すことは現代医学ではおおよそ不可能とされています。

長い時間をかけ、同じ行動を繰り返し、神経回路を変性してきたので、仮に元に戻せるにしても、同様の時間と同じ回数の逆行動訓練の繰り返しが最低でも必要なはずでしょう。

依存症とはそれほどに恐ろしいものなのです。

 

この病の本質、境涯の本質を当然見抜いていた大聖人は、つまるところ、縁を断ち切れという指導はしませんでした。

愛人が『生きがい』となってしまっていた場合、この女性信徒は自殺してしまうかもしれない。ならば、生きて題目を唱えてもらいたい。

 

このように一概に正解はありません。簡単にはやめられませんし、減量することさえ無理かもしれない。現実はとても曖昧ではありますが、個々人それぞれの正解を求めて、題目をあげきっていくことが重要でしょう。

 

今すぐにやめることはできなくても、依存症と餓鬼界を真正面から認知し深く決意を固めてご本尊の前へ、闘いを挑んでもらいたい、そう願っております。

【依存症の面白いマンガ】
セックス依存症になりました/津島隆太