Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【家と信心】『月収・頭金 から見て高い返済が不安』家の購入と結婚の “見極め” 覚悟の祈りとは?

家がほしい!結婚がしたい!だけど、しっかり返せるか不安…。生活がうまくいくか不安…。
ですよね?

2000万なら返済できるけど、3000万はキツイなぁ…。

若い未熟なパートナーを育てていくにも限界があるし、しっかり人間ができた人がいいなぁ…。

不安要素は様々です。

 

最終的には個人の自由なので、ギリギリ手の届く大豪邸を無理くり購入するも、刑務所あがりの容姿端麗ヤンキー彼氏(彼女)と一緒になるも、どう選択するもあなたの自由です。

ただ冷静になりすぎては、責任感を背負いすぎては、前に進むものも進みません。

今回はそういった『見極め』に関する事柄を考えていこうと思います。

『月収・頭金 から見て高い返済が不安』なのは “自身の成長していく覚悟が足りないから”

自分の収入に《上限》を設けるのか?設けないのか?

まず、2000万は返せるけど、3000万はキツイ。この感覚はサラリーマン感覚です。

『鎖に繋がれたゾウ』をみなさんはご存知でしょうか?

 

子どもの頃から鎖に繋がれたゾウは『自分の無力さに諦めて、運命に身を委ねる』よう洗脳されて育ちます。

身体はゆうに2トンを超え、簡単に鎖など引きちぎれる力をつけてもなお、そうやって洗脳されたゾウは一生逃げません

 

本来はゾウが百獣の王なのです。ピストルの一発二発では死なないゾウの方が、本気でやりあえば強いのです。

しかし、ゾウは群れで逃げます。ライオン相手にみんなで逃げるのです。

 

自分がフリー(個人事業主)にはなれない。会社を立ち上げてビジネスをすることができない。あるいは今の会社の役員の座にのぼることができない

つまり年収1000万以上の世界には絶対にいけないと、固く信じて疑わない

 

こういった感覚がそもそも100万200万を高い、安い、と言っては心を迷子にさせています

結論としては、そんな小さい人間であってほしくはないということです。

いくらでも稼げる人間になるそう決意しきって生きていって頂きたいのです。

 

小手先の返済テクニックならいくらでもあります。ただ、そういったテクニックを全て使い切ることも含めて、現実的な返済の課題をすべて乗り越えられるかどうかは、その『人間』にかかっています。

健康な肉体、経済革命への執念、仕事のビジョン、自分以外の味方の力量、運、あらゆる困難を超える生命力…etc.

『人間』を鍛えれば、2000万も3000万も本質的に問題ではないのではないでしょうか?

 

未熟な青二才を選ぶか 出来上がった玄人を選ぶか

若い(10代・20代)というのは大変魅力的な武器です。しかし若さ故の未熟さからどう成長していくかによって、地獄にも天国にも転がりますね。

その点、ある程度人間性を仕上げてきた玄人くろうと(30代・40代)には安定感があります。簡単には地獄に転がることはないでしょう。

 

人間革命は生半可なものではない

人間は基本的に変わってはくれないものです。その人間が10年も20年も重ねてきたクセです。虚言癖、浮気性、依存症、主体性のなさ、浪費、不健康、逃げ癖…etc.

こんなことを言っていては信心の意味がないですね(笑)その人間の根本から境涯を変えていくのが信心の目的です。

ただ、そんな簡単にはいかないのです。虚言癖ひとつとっても、薄皮を剥がすように少しずつ少しずつ人間革命していくほか道がありません。

ものすごく時間がかかるし、本人が諦めた時点で、本人が腐った時点で、また振り出しにもどってしまいます。人間を変えていく作業に携わるには相当量の根気と慈愛が必要です。

 

県幹部でさえ、離婚することもあります

低い側の境涯の人が『耐えられない』時点で離脱されてしまいます。

このように自身の境涯が高く指導力があったとしても、パートナーの機根が追いつかない(限界を超えた)場合、逃げられてしまうのです。

 

鍛え上げた玄人(30代・40代)がパートナーなら、そもそも逃げるという選択肢が存在しません

だからこそ、もし若い(10代・20代)パートナーを選ぶのであれば、どのような境遇になっても耐えながら、或いは柔軟な思考転換で、自分に執着してくれる人が、重要ポイントとなるでしょう。

 

自分が事業を失敗して自己破産しても、事故や病気で障がい者になっても牢獄に入れられてもそれでも自分に執着してくれる(共に生きると覚悟してくれる)人

若い人の大多数は『逃げ癖』をもっています。小学生のなりたい職業に youtuber ユーチューバーが上位ランクするのも、若者の時代傾向が反映している結果です。

 

この見極めは本当に難しいと思います。

前の見出しでお話しした『収入に上限を持たない』という、結局自分自身の成長覚悟と決意次第、というようなニュアンスの話とは次元が異なります

 

どんなにこちらが聖人君子せいじんくんしのような大境涯を開いて至れり尽くせり、仏の振る舞い強情な祈りでもってしても、相手の機根きこんによってしまうのです。

とくにパートナーの『向上心』『逃げない心』こういった機根に大いに左右されることでしょう。

 

若いパートナー(10代・20代)を選ぶなら、是非、ご本尊に祈りきって相談しきって賢明に見極めて頂きたいと願っています。

 

そして、玄人(30代・40代)を選ぶ場合でも、慎重になるべきです。

相対的に玄人の方が人間性が確立されているのは当然ですが、概して最近の30代は(私を含めて)まだまだ子どもです。40になってようやく大人に近づいてくるイメージです。

なので30代でも安心はできないでしょう。転職歴責任感などやはり『逃げ癖』の有無が見極めの重要点なのではないでしょうか?

 

本当にその家が必要か?

新・人間革命21巻長谷部彰太郎はせべしょうたろうという画家が登場します。

ヨーロッパ指導にてパリに来た池田先生「フランスに家を購入すべきかどうか」を相談します。

池田先生は、「家が買えるような画家になったのか」と驚きますが、現実は、まだ家が買えるような画家ではありません。

 

この長谷部の質問に対し、池田先生は次のように指導されます。

「私は、あなたが家を買うことに賛成です。それには、断じてフランスに家を購入するぞと決めて、真剣に祈ることです。しかし、ただ家が欲しいというだけでは、祈りはなかなか叶わないかもしれません」

こう言われ、長谷部は「何か、祈り方があるのでしょうか?」とさらに聞きます。

「あります。フランスの人々の幸福と繁栄のために、広宣流布を誓願し、祈り抜いていくことです。例えば、『私はフランス広布に生き抜きます。社会の信用を勝ち取るためにも、皆が集える会場にするためにも、家が必要です。どうか、大きなすばらしい家を授けてください』と祈るんです。

これに対し、ただ大きくて立派な家を下さいというだけの祈りでは、自分の境涯はなかなか開けない。だから、願いが成就するにも時間がかかります」

「祈りの根本は、広宣流布」であり、「広宣流布の一念の唱題に、無量無辺の功徳がある」と、指導されます。

そして長谷部は、その指導通りに祈り、1年後、3000㎡ほどの敷地と豪邸の購入を果たします。

 

あなたの家は一体何の為ですか?

本当に今、必要なのでしょうか?

本当に今、その組織にその拠点がその環境が必要なら、ほしいなら、それこそ値段云々ねだんうんぬんはさておき、ローンさえ通るなら買うべきでしょう。

 

そのぐらい必要なものなのか?そのぐらい手に入れたいものなのか?

 

ここをはっきりさせること最も重要であり、迷いがないからこそ、なんとしても境涯を開こう圧倒的返済をしてやろう、という腹が決まるのではないでしょうか?

 

地域の拠点を売り払わないといけない状況に陥って尚、結局競売にもかけられず、手元に戻ってくるなんて体験はザラにあります。

本当に必要なものは周りの諸天が動きます。本当です。

 

だからこそ、返済できるかどうか値段がどうか、つまり世間的見極め云々うんぬんということよりも、(境涯を開く決意・成長し護り抜く覚悟)が最も重要なのです。

職場でも生き残っていくのは才能云々ではありませんただ一点。私はそう信じています。

 

たとえ相手がHIVであったとしても

以前付き合っていた彼女とは、勿論結婚するつもりでした。そして私が結婚の定義として覚悟を決めていたものは

  • たとえ彼女が障がい者になっても共に生きる
  • たとえ彼女がHIVだったとしても咎めないし、うつされてもいい
  • たとえ彼女が犯罪者になっても差し入れも行くし、帰りを待つ

このような内容のものです。

結婚とは家族になることです。親が障がい者なら縁を切るのか?子どもがエイズになったら縁を切るのか?子どもが殺人を犯したら捨て去るのか?

それは家族ではないです。

相手の親も守備範囲として責任を請け負ううけおう。これが結婚なのではないでしょうか?

 

なぜその人じゃなきゃいけないのか?上を見ればキリがない。才能、美貌、財産…etc.

しかしその人と過ごしてきたその人とだけの今があるはずです。

見極めきった上で、この人しかいない!と選ぶなら、その先に必要なのは、結局のところ家の購入の話とまったく本質が同じです

『決意と覚悟』つまり腹を決めるだけです。

 

この人との結婚が自分の使命(広宣流布)の妨げになるかもしれない、と迷った時期もありました

でも違う、むしろこの相手を広宣流布の逸材に育て上げよう、その過程で大いに自分も成長できるだろう、いかなる環境も一念次第

 

そう考え直し、仮にこの人がHIVだったとしても、それでもこの人の病気ならうつされてもかまわないし、パートナーのごうは自分の業、かかわりきって生きていこう。そう腹を決めていました。

注意
冷静に考えれば『うつされてもかまわない』は賢くないですよ。あくまで腹を決めてかかわりきるという決意のことを言っています。

まあ結局は私の “見極め” が甘かった為に、逃げられてしまいましたが(笑)

 

まとめ

結局、見極めといっても世間のテクニックの話ではありません。

  • 相手ありきのことならば、どこまで『耐えれるか』『逃げないか』
  • 自分自身がどこまで成長したいと腹を決めれるか
  • 広宣流布を中心に据えると成就が早い

これらはなにも『家』や『結婚』に限った事柄ではなく、種々の迷いにもあてはまります

どうかあなたの考えの一部として、参考にしていただければ、またささやかながら励ましになればと願っております。


【指導一覧】の関連記事

【勤行の意味】なぜ勤行をするのか? 【学会指導・信心】人間関係(嫌いな人)の祈り方とは? 【境涯/結婚/恋愛】創価学会・男子部・女子部 “池田先生・戸田先生の信心指導”