Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

人間関係の祈り方、信心指導、嫌な人苦手な人はどうやって祈る?

人間関係の悩みは切っても切れないものです。私は男性ですが、とかく男性の人生はほとんど全てが職場であるのが普通でしょう。

つまり職場の人間関係がまるで家族のように長くなってきます。家族のように長いときを共に過ごすのに、とんでもなく苦手な人や人生最大の親友のような存在にだって出会ったりしますよね?

不思議とそんな“合わない人”と“合う人”とに、出会う。本当に縁って不思議です。

 

私も色んな縁に振り回されてきました。

夜勤の調理場をやっていた時代には本当に働かないクセにひたすらに偉そうに指示してくるだけのただのバイトのおっさんがいました。

毎日毎日誰かの悪口を言ってはただただダラダラと仕事をしたりさぼったりして、誰の仕事も手伝わない。夜勤は基本的に店長のいない時間帯なので、夜の王と言わんばかりのおっさんです。キレると感情が制御できず騒ぎちらすので誰も何も言いません。

あの頃は、そのおっさんを心底に交通事故かなんかで死んでしまえと恨んでいたし、呪っていました。

題目をどんなにあげても許せません。

その当時毎日一時間はあげていましたが、そのこととは別のことばかりを祈り、問題を問題とも思わず放置していました。大百や新聞、御書を学ぶこともなく、境涯は修羅止まり。

いまでこそ自分の命も相手の命もよくわかります。ただ、あの頃は、日々こなすだけで考える余裕すらなかったことが最大の不幸だったのかもしれません。

 

介護士をやっていた時代には同僚の暴力で怪我をして退職しました。その同僚は刑務所あがりでしかも内部の人でした。内部なのでうかつに批判もできないと思いこんでいた当時は、結局自分が辞めれば相手は幸せだろうと、なにもかも放置して職場を去りました。

悪を滅するを功(く)と云い善を生ずるを徳(とく)と云うなり

 

【御義口伝巻下 762ページ】

日蓮大聖人御書全集全文検索,SOKAnet,https://www.sokanet.jp/kaiin/gosho_search/page.php?n=762,(引用 2019-1-27)

との御書がありますが、功徳といっても悪を取り除く作業がなければ完結しません。結局相手の悪を勇気をもって指摘できない臆病さが振り回される自分自身という不幸を作っていたことに、今になって気付かされるのです。

 

とある中華料理屋で務めていたときにはこんなことも起こりました。

現実的に不可能な作業を突き付けられ妥協してもらえません。他の人(店長も料理長も)たちは、しょうがないよねとなっているのですが、その一人だけが、許してくれない。

あるときその一人がついに感情を制御できず私に爆発し、人生初のリアル壁ドンをくらいました。文章だと伝わらないでしょうが、個人的には介護のときに負傷した以上の恐怖は感じました。

 

河合師範の指導にこんなものがあります。

とある女子部が “職場の嫌な同僚が辞めますように” って祈っていいですか?と河合師範に質問し、相手の成長を祈りなさいと指導しました。
相手の成長を祈り始めると、その同僚が、ある朝朝礼で突然号泣して「もう人の嫌がることはしない」と言い出すのです。

師範曰く

『相手の成長を祈ったから相手が変わったんです。
みんな結構「あの人は変わらないよ」と思って祈らないもんです』と。

このときも私は学会でよく指導される依正不二とか相手は自分の鏡であるとか知っていたし、信じていたので祈ってはいました。だけどもこのような自体は起こります。相手の幸福は祈っていたのに、です。

 

ただ、この幸福というものが自分の境涯の低さをもろに反映させていました。世間でいう嫌なことがないとか、金があるとか、そういったイメージを幸福と置き換えてご本尊に祈っていたんです。おかげでその壁ドン男子に対して“成長”はまったくもって祈っていなかったのです。

否、成長できるとも思っていなかった。

 

とある北海道の迷惑婦人部の話があります。縁する人全てを不幸に落とし込める最凶の婦人部。周りの学会員は善良で王道の依正不二でもってこの婦人部が変わらないのは私が変わりきれてないからだと自分たちを責める。違うんです。

世の中には相手が100悪いこともあるんです。勿論厳密には己の過去世の業があるから、その本人も悪いんですが、過去世の因果とかとっぱらってその瞬間だけをみたときに、相手が100悪く自分を責める必要がない(自分が具体的になにか行動を改善してあげる必要のない)パターンもあることを知ります。

この壁ドンパターンはまさにそれでした。

自分はすでによくやっていて、問題なのは完全に相手側の境涯、機根。

なのに自分ばかりを責めて、相手の悪は責めず、間違った幸福感(快楽のようなもの)で相手を祈り、相手の成長は祈っていなかった。

変わるわけないんです。これでは。

 

現在では職場もまた変わってはいますが、人間関係は良好に保てています。

使命感を持てば、全てが人の為になります。ひとのために火をともせば我がまえのあきらかなるがごとし。との御書のとおり、ひとのためと勤めれば四表の静謐しひょうのせいひつが整ってきます。

相手が幸せでないから、相手の境涯が低いから、そいつはなんか感じが悪い。言い方がきつい。嫌味を言ってくる。

誰彼ばっかりサボって働くのなんてバカバカしい。などと小さい自分でいることなく、境涯を広げて、相手の幸福と大成長をご本尊に祈り切って、人の為人の為と多いに使命感をもって働いてみてほしいです。

 

そのうち見えてくるのではないでしょうか?その人は、しょうがなくそのようになっているのだということが。


【指導一覧】の関連記事

強迫性障害と社交不安障害の信心での治療法とは? 〔勤行の意味〕勤行とは?なぜ勤行をするのか? 〔結婚/恋愛〕男子部、女子部の “信心指導” 役職を断ると罰はあるのか?
Sponsored Links

依正不二(えしょうふに)

戻る

依正不二の意味、以下引用。

依報と正報が、一見、二つの別のものであるけれども、実は分かちがたく関連していること。
妙楽大師湛然は『法華玄義釈籤』で、天台大師智顗が『法華玄義』に説いた十妙を解釈する際に十不二門を立てたが、依正不二はその第6にあたる。

正報とは生を営む主体である衆生をいい、依報とは衆生が生を営むための依り所となる環境・国土をいう。
依報・正報の「報」とは、「報い」の意。善悪さまざまな行為(業)という因によって、苦楽を生み出す影響力が生命に果として刻まれ、それがやがてきっかけを得て現実に報いとなって現れる。
過去の行為の果報を現在に受けている主体であるので、衆生を正報という。
それぞれの主体が生を営む環境・国土は、それぞれの衆生がその報いを受けるためのよりどころであるので、環境・国土を依報という。

 

環境・国土によって衆生の生命が形成され、また衆生の働きによって環境・国土の様相も変化し、この両者の関係は不可分である。
それゆえ日蓮仏法では、仏法を信じ実践する人自身が主体者となって、智慧と慈悲の行動で依正の変化の連続を正しく方向づけ、皆が幸福で平和な社会を築くことを教えている。

 

教学用語検索,SOKAnet,https://k-dic.sokanet.jp/依正不二(えしょうふに)/,(引用 2019-1-27)