Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【創価学会/副会長/離反】裏切り者は必ず現れる・進む末法と希望の“七つの鐘”|退転の本質

末法は進みます。五濁悪世も進みます。人々の信力は衰え、それぞれ個人が王か神かのごとく増上慢の生命は膨れ上がっていく、そんな時代です。

七つの鐘とは?|希望の思想

池田先生七つの鐘提唱しています。

7年間をひとつの鐘、7回打ち鳴らして49年間で、七つの鐘。

 

第一の七つの鐘

第一の「七つの鐘」は、学会創立の昭和五年(1930年)から、昭和五十四年(1979年)までの49年

第二の七つの鐘

第二の「七つの鐘」は2001年から2050年。現在(2019年)はこの第二の七つの鐘の真っただ中です。

 

21世紀(2001年から2100年までの100年間を指す世紀)の前半の五十年で、アジアをはじめ世界の平和の基盤をつくる、と先生は御年90歳でも行動しています。

戦争など起こさせてはなりません。

 

第三の「七つの鐘」を鳴らす21世紀の後半では「生命の尊厳」の哲学を世界精神へと定着させる。

第四の「七つの鐘」に当たる22世紀の前半では「世界の恒久の平和」の崩れざる基盤をつくる。

 

これは第七まであり七つの鐘第七まで打ち鳴らす計350年にわたる構想です。

 

五濁悪世も末法も極まる、でも未来は希望でしかない。

末法は進みます。五濁悪世も進みます。人々の信力は衰え、それぞれ個人が王か神かのごとく、増上慢の生命は膨れ上がっていく、そんな時代です。

それでも、先生がこのように言っているのです

未来が楽しみでしかたありません。

 

筆者が更賜寿命きょうしじゅみょうしてマックスまで生きても第三の「七つの鐘」までしかみることができません。どんな世界が待っているのでしょうか?

ワンピースでいうところのルフィ黒ひげ行く末を見ることができないレイリーのような気分でしょうか?

というか、レイリーが実はゴールドロジャーで、ロジャーは実はまだ生きているなんて説がありますよね?(ワクワク)

話が脱線してしまいますので……

 

末法が進めば裏切り者は必ず現れる

かくいう筆者自身は裏切者が好きです。例外なく力がありますよね?力への憧れでしょうか?

ONE PIECEの黒ひげ。BLEACHブリーチ藍染惣右介あいぜんそうすけ。キングダムの昌平君しょうへいくん桓騎かんき←(まだ裏切ってない)

ここは話は脱線してませんよ、裏切りものの話です。

 

末法がすすめば増上慢は必ず現れます。

筆者はかねてより、創価学会も獅子身中の虫がじきにあらわれると言っています。もういるかもしれません。

初期には宗門にいました。増上慢。

しかし退転しない者も当然います。当時の戸田会長を戦友とも師匠とも恩人ともとっていた方々です。

 

堀日亨ほりにちこう第59世法主。戸田先生のねがいに応え、『日蓮大聖人御書全集』の編纂に尽力したあたり、学会、あるいは戸田先生を尊敬し、信頼していたことは疑いないです。

 

増上慢かつ師弟不在の学会関係機関が危ない

裏切りものは必ず出ます。末法故の増上慢。増上慢ぞうじょうまん故の師弟不在していふざいによって

学会内部にも力をつければつけるほどに、師弟がなければないほどに、現れてくるでしょう。

某元全国男のスキャンダルなんかも師弟がなかったからこそ、なせた所業です。

聖教新聞社幹部、創価大学幹部、公明党幹部、etc.

とくに独立機関があぶないです。

 

根本的に師弟があるのなら、まず新聞大学政党すべて戸田先生の理想からスタートしている、という点が判るはずです。

池田先生に『学会もこういう機関が欲しいな』とロマンを展開したところからはじまり、全て実現してきたのが池田先生です。

つまり各機関はすべて戸田先生の理想の学会の一部なはずです。

 

戸田先生、池田先生ならどういう新聞がいいか?どういう大学がいいか?どういう政党がいいか?

独立機関とはいえ、その原点を思索しきって運営をしていく必要があるのではないでしょうか?

例えば創価学会創価大学連絡会議があったとしましょう、学会側の要望、指示はつまるところ、『こういう大学であれ』というメッセージであり、戸田先生ならこう指導するはずだ、という内容なのです。

創価学会公明党連絡協議会本質は同じです。

それを思索しきって対応しきるのが師弟なのではないでしょうか?各独立機関が師弟を忘れ、傲慢になったときが、その組織の最期です。

 

会則やご観念文の変更に対して、“疑い”や“全肯定”から入るのは中道ではない。

師弟を感じられない言動は、すなわち増上慢、ひいては獅子身中の虫となりうるのです。

また、会規会則の変更や、ご観念文の変更なども、疑いから始めるのではなく、まず戸田先生ならどう考えるか?と思索した上で、『おかしい』と感じてから質問をするのが師弟なのではないでしょうか?疑いでもなく全肯定でもなく、まず思索が必要なはずです。

 

ご観念文に池田先生が追加されたのも、『大作への報恩感謝の文が入ってないのはおかしいだろ?』戸田先生なら言うはずです。

そう考えれば自然なのです。

 

賢明な読者の皆様は師弟を見極めるポイントをきっと理解されたことでしょう。

そして、それでも残念ながら離反者はでてきます。

そのときに扇動せんどうされ、退転してしまえば、一番悲しむのは先生です。

 

退転しない為にはどうするか?

扇動されない為にはどうするか?そもそも裏切者を最小限にとどめるにはどうするか?

関係機関や本部職員でない末端の私たちにできること……

シンプルです。

祈りです。

  • 全会員の師弟の心、異体同心の心、清浄純真な信心の大成長
  • 師弟のない者が重要なポストに就かない、或いは降格される
  • 離反者、扇動家は実力を失い、運を失う

少なからず学会に正義であってほしい、清浄であってほしい、そう願うならば、この項目や類似したご祈念をたてて、共に祈って頂きたいです。

世間的にも師弟は大分みかけなくなりました。仕事を教える人も感謝されない世の中です。

そんな世の中にあっても、先生が七つの鐘の希望の世界を提唱するなら、この世は明るいし、むしろ明るく創造していくべきです

師弟なき時代。騒動などあっても笑い飛ばしながら、七つの鐘をたのしみきって人生を勝ち飾っていきたいものです。


カテゴリ【学会活動】の記事一覧

【創価班 やめたい】《指導&指針&精神》“無事故”と“強さ”の本質と、本当の功徳とは何か? 【創価班/黒髪/七三】時代と常識と非常識、創価学会は非常識になってはいけないのではないか? 【F取りとF活動】F(フレンド)1の壁 【学会活動/楽しくない/したくない】学会活動やりたくない心との闘い・何のために戦うのか? 【やればやるほど仕事が増える】できない人・やらない人は、あらゆる意味で“本当に”無理なんです 【創価の会合に行きたくない】世代の価値観の違い/“青年は前へ”と会合で無理やり誘導される現状 【創価学会・役職・断る】役職を断ると罰はあるのか? 【勤行の意味】なぜ勤行をするのか?