Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

学会の会合で前に座らされる『男子部(青年部)は前へ』の無理強い。少子高齢化と壮年婦人の権威化した組織の現状に青年はどう祈っていけばいいのか?

少子高齢化で今、何が起こっているのか?

青年が組織離れしていく理由はなんのか?その本質に迫っていきます。これらの事柄にいち早く気づき、対策を施さないと社会も、学会も潰れてしまいます。是非今回の記事でみなさんの命の中にある“無責任”について自ら顧みてほしいです。

 

少子高齢化社会の社会構造と若者の疲弊

少子高齢化社会の会社では、20代、30代が圧倒的に少数派であります。会社には必ず“怠けもの”と“働きもの”がいます。

一般常識として“若者はよく働くべき”や“年配者は敬うべき”などあるのはみなさんも解ると思いますが、少子高齢化の企業において、40代、50代の年配者が圧倒的多数となっている現在においては、その多数を武器にして、怠けるおじさん、おばさんが急増しています。

『若者が働けばいい』という多勢に無勢。

現場において1人、2人ほどしかいない若者を捕まえては、若いうちは一生懸命に働け、と指導してくる圧倒的多数の“先輩方”たち。

まじめで働きものの若者は、まじめに働けば働くほどに仕事を丸投げされていきます。

同じ時給でともすれば、人の2倍、3倍の仕事を割り振られます。

残業が出れば残るのは若者、休日出勤も打診されるのは若者、40代のパートのおじさん、50代のパートのおばさんたちは生産性もなく、ミスをしても叱られることもなく、最終的にはきちんと見ていなかった若者に責任をなすりつける。

若者がやればいい、若者が責任をとるべきだ、という理由で。

昔と今では社会構造が違います。若者が大多数いて成り立った時代はよかったですが、今は若者が少数で、昔の時代感覚のまま、当時の“当たり前”を“やれ”と言ってくるのです。

今の若者は根性がないとか、精神力が弱いとか色々言われます。たしかに私も同意しますが、はたして若者だけが悪いのだろうか?という疑問も感じています。社会構造として、なにもかもをひとりの若者に背負わせて、できないことに『根性がない』と責め立てる。

そういった構造に気付くこともなく、責めてくる方々は、一向に気付かない、或いは気付かないフリをする。

なぜか?楽だからです。

若者がやればいい、若者が責任をとるべき、教育の為に若者にやらせる、こうやって言っておけば、自分はやらなくていい。

ずるい年配者がずるい自分を棚上げにして『かわいそう』と気づいていながら、若者がもがくさまを傍観しているのです。

 

男子部(青年部)は前へと言って決して自分は前に座らない

学会でも同じことがおきています。

会合に行くと『男子部(青年部)は前へ』との誘導をされる。

自分の座る場所くらい自分で決めさせてはもらえないのか?そんな権利はないのか?

3回断り、私の同行者の青年の心が折れて、同行者が『前に行こうか?』と、結局私も前に座りはしますが、怒りを抑えるのに精いっぱいです。

なぜ、座る場所を強制させられるのか?

2回、3回と『前へ』と言ってくる壮年もなかば『青年は前に行けっていってんだろ?』と不機嫌な様子。

私の友人に精神疾患の内部の人がいますが、とてもこんな『強制的に前に座らされ、後ろから囲まれ、幹部の目の前にさらされる』会合には、誘えないと思い、一度も壮男合同の会合には誘っていません。

簡単なことです。男子部の側が境涯革命をすれば解決します。

ただ、境涯革命にいたっていない男子部員はとてもじゃないが、参加したくなくなる会合なのです。

結果的にはあらゆる嫌な事柄でも飲み込んで参加できるある程度の確信のある青年しか座談会にも参加しなくなりました。

座談会に参加できる青年はとても勇気のある青年、そんな現実を作りだしています。

 

今、組織には余裕がありません。

若者がひとり決意し、責任をもって引っ張って行こうと、おのずから前に座る、そういった人材が現れるのを『祈ってじっくり待つ』ということができない余裕のなさなのです。

本質的には『誰も前に座ろうとしない』組織であることを隠す為に、誰かが前に座って穴埋めすればいい、そう、前に座るのは若者だろう?と言っては、組織に一人二人しかいない若者を無理やり前に座らせ、恰好で組織を盛り上げようとしています

そのように扱われた若者はもう、会合には来なくなるでしょう。

若者側の気持ちを考えたことはないのでしょうか?

現代の若者の気持ちです。

いやいや前に座らされる若者を見て、組織は盛り上がるのでしょうか?

 

しかして、会社組織も学会組織も逃げるわけにはいきません。

今の会社も学会も『ずるい人、なかんずく境涯の低い人』しかいないというのが現状ならば、祈るしかありません

嫌な人苦手な人。人間関係はどうやって祈る?の記事にも書いたように、自分含めて周りの人すべて、ひとりひとりが大成長できるように祈るしか、本当の逃げ場はないのです。

  • すべての壮年婦人が大成長し、現代の若者の心が解り、若者が自然と決意して自ら前に出てくるよう祈れる大境涯を開いていけるように!

このように祈るしかないのではないでしょうか?

また、仕事などでは気張らずに、しっかり有給を使って休んだほうがいいのではないでしょうか?

自分が出勤していない日で、どれほど自分が普段働きまくっているかを肌身で実感してもらう必要があると思います。

どのような不公平を感じるのか?おかしいと思うことなど、言うべきことはしっかり伝えることも大切です。

伝えていかないと、相手は『こいつは何しても大丈夫』と考えはじめます。何も言わずに勝手に不満だけを溜めてダークサイドに落ちていくのも非常によくないでしょう。

あらゆることに感謝ができる境涯を確立しきったならまだしも、そんな境涯を簡単には確立できないです。

不満がでてくる間は、とにかくダークサイドに落ちてしまわないように、心をスッキリさせる為、休みを取って、唱題をしていく方がいいでしょう。

少しづつ、少しづつ、不満を感じない境涯、感謝ができる境涯になればいいんです。

 

青年部発展のカギとは?

いつだって社会が抱える病が創価の病でした。

戦後の貧困は、その当時の創価の病でした。

今は豊かになりましたが、現代社会が抱える病は精神疾患です。

つまり、現代の創価の病は精神疾患が主流です。

社会に精神疾患が蔓延し、救いを求めるべく創価に入ってくる、現代の創価は精神疾患の集合体であり、若者も精神疾患が多いですし、今後もさらに増えていきます。

ただでさえ、少子高齢化で社会でも、学会組織でも、物理的、精神的に抱えるもの、さらされる事柄が多種多数になった若者です。

精神疾患の若者というものも考慮に入れるならば、安易に『前へ』『話してもらう』などせずに、事前に丁寧にキメ細やかに対応していくことが、今後の創価学会が発展していく為には必須なのではないでしょうか?

一定の境涯を確立した青年だけが参加できる創価なのではなく、最底辺の境涯の青年でも暖かく受け入れることができる、余裕と温かさがある創価学会を作っていくことが、今後の『創価青年学会』発展のカギとなるのではないでしょうか?

答えはとてもシンプルです。先生がいう『ひとり(の心)を大切に』ということです。

年配者が偉そうにずるいことをしないことです。

同じ目線でまずは自分(壮年)が矢面に立ち、椅子に座らず正座をし、気迫溢れる唱題をし、そのような姿勢を見て、青年にも『先頭を行く心』が育っていくのではないでしょうか?

 

我々男子部は

  • 自身の大成長、境涯革命は勿論のこと
  • 壮年婦人が、現代の若者の心が解り、若者が自然と決意して自ら前に出てくるように祈れる境涯へ大成長すること
  • 智慧を働かせて、適正に仕事を振り、適度に有給をとり、不満を溜めすぎないで、少しづつ感謝の境涯を確立していくこと

これら3点を是非、ご祈念帳に書き足していってほしいと思いますので、心ある方はご参考ください。