Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【強迫性障害/原因/メカニズム/信心】強迫性障害の治療法とは?

本記事では強迫性障害の原因と本質を解説します。病の急所を自覚する参考になれれば幸いです。

 

強迫性障害の原因と信心による治し方

はじめに

この病を治すには本人の高いモチベーションと周囲(医者、家族、友人など)のサポート、信頼関係が不可欠です。

本人も周囲も必ず治ると信じ必ず治すと深く決意することから始めなければ、曖昧な経過をたどることになるでしょう。

まずは、今の生活のままでいいのか?困難と忍耐を覚悟の上で、腹を決めて本気で治療に挑むのか、考えを定めてから読み進めて頂くことを願います。

 

強迫性障害のメカニズム

まずはこちらをご覧ください。

  • 【理由】強迫性障害患者の脳内の大脳外側部位(島皮質)で、神経細胞から放出されたセロトニンを細胞内に取り込むタンパク質 (セロトニントランスポーター) が減少していること
  • 【対処/改善】選択的セロトニン再取り込み阻害薬は、セロトニントランスポーターに選択的に結合し、セロトニンの細胞内への再取り込み を阻害する抗うつ薬で、阻害することにより脳内のセロトニンが増える

つまり、脳内のセロトニンを増やすことで強迫性障害は改善されます。

この見出しのまとめ
セロトニン分泌が強迫性障害治療のカギ

 

強迫性障害の原因と仮説

強迫性障害の原因①【栄養】

上記のメカニズムより、セロトニンの生成が減少し、脳内のセロトニンが不足したことが病因の可能性があります。

セロトニンの生成にはトリプトファンという原料が必要で、トリプトファンをセロトニンに変える工程においては、トリプトファン水酸化酵素(TPH)と、芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素(AADC)が必要であり、それらを用いて二段階の酵素合成必須です。

また、セロトニンの代謝にはモノアミン酸化酵素(MAO)と、アルデヒド脱水素酵素が必要であり、セロトニン受容体(5-HT1から5-HT7の7種類のサブファミリーからなり、14個のサブタイプが存在します)それぞれ活性させる際にも様々な酵素必要となってきます。

 

つまり、セロトニンの生成や作用機序、代謝までには様々な原料変換の工程が必須であり、現代的な偏食生活は治療の妨げとなるのです。

 

メチル受容体ノルアドレナリン

アドレナリン生成までの過程をご紹介します。

チロシン Lドーパ(生合成には、チロシン水酸化酵素,テトラヒドロビオプテリン, O2, Fe2+が必要)

Lドーパ ドーパミン(生合成には、ピリドキサールリン酸,芳香族アミノ酸脱炭酸酵素が必要)

ドーパミン ノルアドレナリン(生合成には、アスコルビン酸、O2、Cu2+ドーパミンβ水酸化酵素が必要)

ノルアドレナリン → アドレナリン(生合成には、S-アデノシルメチオニン(SAM) 、フェニルエタノールアミン-Nメチル基転移酵素(PNMTが必要)

メチル受容体ナイアシン

上記のように、アドレナリン生成にはメチル群が必要です。

メチル受容体のノルアドレナリンとメチル群のPNMTが合成され、アドレナリンが生成されます。

仮に、同じメチル受容体であるナイアシンが脳内に豊富にあったとします。そして豊富な数で優位的にメチル受容体のナイアシンとメチル群のPNMTが生合成されてしまい、PNMTが消費された場合、アドレナリンの生合成を抑制する結果となりうる可能性があります

インドール

インドールとは、タンパク質の腐敗によって生じる物質です。

意識水準の変化なしにメスカリンタイプの反応を起こす幻覚誘発物質のリストには、d-LSD-25、ハルマリン、メスカリン、イボガイン、アドレノクロムがあります。これらの物質は全てインドール、ないしインドール予備軍です。

アドレナリンは電子を一つ失って、酸化アドレナリンと変化します。しかし、NADNADHが存在しているときには、酸化アドレナリンは再び電子一つをつかまえて、再度アドレナリンへと戻ります。

NADとNADHが体内で不足すると、酸化アドレナリンはアドレナリンへと戻ることができず、そのままさらに酸化します。

この二段階酸化したアドレナリンアドレノクロムといい、これはインドールなのです。

この状態(アドレノクロム=インドール物質)になってしまうと、アドレナリンにはもう戻ることはできません。

NAD(及びNADH)の前駆体はナイアシンです。つまり、ナイアシンが足りない体内では、アドレノクロムが増加してしまうのです。

 

インドールは腐敗物です。幻覚誘発物質、と定義されているだけで、実際は他にどんな悪影響及ぼしているかは未だ研究途上です。

神経過敏や神経衰弱、それに付随した不安感など、強迫性障害や様々な精神病を引き起こしている可能性を否定はできないです。

Lドーパ剤投与

パーキンソン病は Lドーパ の欠乏によって発症されることが多い病態です。

そして Lドーパ剤 を患者に投与すれば、症状も一部緩和されます。

しかし、Lドーパの行きつく先をこれまでの説明から思い出してみてください。変化し代謝される過程において、メチル群が不足した体内ではインドールとなってしまいます。ドーパクロムです。

Lドーパ剤で一時的に回復するものの、その後大量のドーパクロム(=インドール物質)を生みだし、精神病的状態を創出するに至ります。

砂糖の代謝にはナイアシンやミネラルが消費される

ナイアシンはビタミンB3であり、ビタミンB群に含まれています。砂糖の代謝には多くのビタミンB群やミネラルを消費します。

過剰な砂糖には消費しきるにしても、ゴミになるにしても、その処理の過程で多くの物質が消費されてしまうのです。

大量のゴミを償却する為に多くの石油が必要となるイメージです。

患者200人当たり自販機1台で月50万円の収入

国立病院以外の全ての病院はお金がないと経営ができません。砂糖を多く含み、明らかに病気を回復させないと知っていながら、自販機を設置しているのです。経営破たんしてなくなるよりかはまだマシだろう、ということです。

カフェイン・アルコール・脂質の代謝にもビタミンB群が消費される

したがってコーヒーやお酒、脂っこい食事の頻度が高いと慢性的にビタミンB群が欠乏状態となります。

強迫性障害の原因①【栄養】まとめ

現代の抗精神病薬は様々な薬理のものが複雑に存在しますが、一カ所の欠陥を改善する為の作業(投薬)には必ず副産物が生成されます。その副産物の後処理までをケアした広い視野と対処がなければ、結果精神病薬は、かえって精神病を生み出すのです

今でこそ、このような事柄が表立って見えるようになってきたものの、過去においては多くの医療機関がこの Lドーパ の代謝にまでは勘定に入れてこなかったことから一時的に改善しその後悪化する経過をたどるわけです。

この章のまとめ

  • セロトニン生成が不足していることが病因の可能性
  • セロトニンの生成・代謝には様々な酵素など材料が必要
  • ナイアシンの不足はアドレナリンの生合成をしやすい環境を作る
  • ナイアシンの不足はアドレナリンを二段階酸化させてしまう
  • 二段階酸化した腐敗物インドールは様々な精神病を引き起こす
  • 肉や砂糖・嗜好品しこうひん快楽的食生活、或いは貧困的食生活の代償はビタミンB群の欠乏とそれに基づく脳の変性

 

強迫性障害の原因②【環境】

他人をきっかけにして発症

【ケーススタディ①】自分の志望校に入学できなかった人が、いくつかランクの低い学校に行くことになり、その知的でない動物のような振る舞いの生徒たちを見て、学校が怖くなるという強迫観念

動物のような生徒たちそのものへの恐怖と、同様に動物のような自分(ランクの低い自分)になってしまうかもしれないという強拍観念

この恐怖を打ち消す行動として、帰宅後すぐに風呂に入るという強迫行動(やめられない行動)をしてしまいます。

命の危険をきっかけにして発症

【ケーススタディ②】とある元自衛官の扱う銃。このロックがきちんとかかっているかどうかという強迫観念

歩行中に暴発して死んでしまうのではないか?という恐怖です。

この恐怖を打ち消すべく、執拗に確認(強迫行動・やめられない行動)を行います。

嫌悪されることをきっかけにして改善

【ケーススタディ③】発症とは逆の例で、潔癖をやめられない学生が、トイレで執拗に洗浄する様を見て、別の学生が嫌悪した出来事をきっかけに症状(強迫行動・やめられない行動)が改善された例もあります。

 

これらのように、強迫行動は環境をきっかけに発症したり、または改善したりします。

【ケーススタディ①】では志望校に合格して理性的な人間に囲まれていれば発症しなかった可能性があり、【ケーススタディ②】でも自衛官にならなければ発症しなかった可能性があります。

 

継続的ストレス下で起こる現象

カテコラミンという物質は、ストレス時消化管局所で放出されます。

このカテコラミンにさらされた大腸菌は病原性を持ちながら増殖していく、病原性増殖効果を持っており、大腸菌以外の多くの細菌間でもカテコラミンによる病原性増殖効果が確認されています。

セロトニンの大部分は腸で合成されているので、腸内細菌のバランスの崩壊は、つまりセロトニンの生合成に打撃を与え、結果として脳への供給も減少させるに至ります。

これが継続的に起こることによってどうなるのでしょうか?

継続的な激しいストレスは継続的なカテコラミンを生成し、継続的なカテコラミン生成は、継続的に大腸菌・悪玉菌を病原性増殖させ、継続的な細菌群の病原性増殖は、継続的なセロトニン生産量の減少を発生させ、また、継続的なセロトニン不足を長期間継続することによって、セロトニントランスポーター(セロトニン再取込タンパク質)の減少という脳の変性を招いている、このような仮説が立つわけです。

 

多大なる環境的ストレスが脳にダメージを与え、回復する間もないまま、継続的にダメージを与えられたことによって結果、脳が対応キャパを越えて変性してしまいます。

根性論では脳が壊れるだけです。環境に限界を感じ、自分自身の思想を変更できないと悟ったら、すぐにその環境を離脱しないと大変なことになってしまうでしょう。

 

さて、それでは『自分自身の思想を変更できないと悟ったら』という点に触れていきたいと思います。

この部分が強迫性障害のもうひとつの原因です。

強迫性障害の原因③【思想】

ストレスに感じるかどうか?この思想の観点こそが、この病の原因であり本質です。

同じ環境でも発症する人と発症しない人がいます。元々の腸の作り、頭脳の作りが違うのでしょうか?はたまた摂取している栄養が違うのでしょうか?

これらの科学的な原因結果は上記で述べてきた通りです。

 

強迫観念の本質

本人の思想、生命のクセ、これらが病の根本です。

それではこの生命のクセ、思想、強拍観念の本質とはなんなのでしょうか?

強迫観念の本質、それは『自尊心』です。

 

強迫観念を引き起こす思想

強迫観念が環境によって悪化する理由は、ストレスに感じることをコントロールできないからです。自分の思想に基づきストレスに感じることをストレスと捉え、変更できないからその内容に振り回されてしまいます。

自尊心の裏返しは差別主義です。強迫性障害は、往々にして差別主義の思想に染まっています。先に登場したケーススタディ①②③も、それぞれ理性のない人間を差別し、事故を起こしてしまう自衛官を差別し、執拗に手を洗い続ける人間を差別する思想を心の根底に持ち、支配されています。

こうであらねばならない、ああであらねばならない、逆を言えば失敗をした人間を差別し許さない思想。

失敗、ミス、間違いは悪であると信じきっているのです。

 

逆です。失敗を重ね、ミスを犯し、間違ってしまうから、成長していける、これが真実です。

医者とて命を扱う仕事ですが、1000回の手術をすれば必ず失敗はあり、失敗の経験があるから名医へと成長します。

重ねていいますが、強迫性障害の患者は、失敗は悪と信じきっています。真実は失敗こそ正義です。

 

失敗を悪と信じ切り、失敗をした人間を許さないことがベースにあるからこそ、強迫性障害の患者は過去の罪を絶対に認めようとしません。そもそも全ての強拍行動は(人間性として)正しいと思っているのです。病気であって、無駄ではあっても、正しいと認知している、ここに病の最大の病根が眠っています。

思想の誤り・思想の偏り・そして認知の歪み

日本の子供は『他人に迷惑をかけてはいけない』と親や周囲の大人に洗脳され、育ちます。

インドの子供は『他人に迷惑をかけながら生きているのだから他人を許してあげなさい』と親や周囲の大人に洗脳され、育ちます。

 

 

強迫観念の治療法

さて、本題です。治療法にはまず、当然ですが、薬物療法が必要です。

一度物理的に細胞の生成数やその流れ、リズムが正常でなくなってしまっているので、薬でそのリズムを正常に矯正しなければなりません。その上で、本質である『自分を守ってしまう』生命のクセを変化させていく必要があります。

薬でセロトニントランスポーター、あるいはその周辺組織にアプローチして矯正したところで、生命本体が本質を改善しなければ、またセロトニントランスポーターを減少させるように細胞が生成調整をしてしまうでしょう。

ですから必要なのが、認知行動療法や、暴露反応妨害法です。

パブロフの犬はご存知でしょうか?オペラント条件付けのことですが、唾液の分泌量を測定する為、犬のほおに手術で管を通し、ベルを鳴らしてからエサを与える行動を繰り返した結果、ベルを鳴らしただけで唾液を出すようになったという研究。

この逆転で、強迫観念が出ても、強拍行動(恐怖を解消する行動)をしないという繰り返しを施し、オペラント条件付けをしていくというもの。

もはや一度出来上がったオペラント条件をさらに上からオペラント条件で上書きしていくというわけです。

ただ、認知行動療法、暴露反応妨害法、と色々治療法を言いはしましたが、結局、現実の中に飛び込んで『逃げない』というのが最もシンプルな治療です。

例えばバイトを1日3時間やります。色々な『自分を守りたい』場面があるはずです。

怒られたくない、注意されたくない、間違えたくない、迷惑をかけたくない、不潔にしたくない、臭いと思われたくない、変な人と思われたくない、嫌われたくない、もう無数にあるはずです。

それらに直面しながら、自分を受け入れていくことが、自然と認知行動療法、暴露反応妨害法となっていくのです。

少しづつ、職場のランクを上げ、労働時間を増やし、仕事の守備範囲と責任を広げて高めていく、ここから『逃げない』ということが最大の治療なのです。

しかし、辛いですよね。病気の症状も勿論のこと、なにより現実では色んな場面でうちのめされます。どんなに『自分を守ろう』としても守りきれないほど、うちのめされます。世間の同僚というのは、余裕がなく、心の荒んだダークサイドが多かれ少なかれ、大なり小なり、必ずいます。

そんな人間はこちらが障害だ病気だなんて一切関係なく、攻撃してきます。

こういった人たちを、乗り越えなければいけません。

どうやって乗り越えるか?ここで信心が必要なのです。

生命力と知恵の武器で逃げないこと、ここに完治寛解のプロセスがある

お題目(南無妙法蓮華経)を唱えること、それは仏界の湧現です。

仏の生命力と知恵を湧現することでもあり、仏の生命力と知恵を授かることでもあります。

結局のところ、現実から『逃げない』ことが治療の本丸なので、逃げてしまっては治療になりません。

現実にうちのめされて、うつになってはいつまでも治らないのです。

唱題で大生命力を出しましょう。何度打ちのめされても、生命力を出すんです。

元気があればなんでもできる!と猪木さんも言ってますね。

ちなみに
唱題は大生命力を出しますが、生命力をバランスよく調える知恵も備えています。したがって躁鬱病の方は、ハイになりすぎてしまうということはないのでご安心下さい。というよりそもそも生命力をバランスよくしてください、と祈りの的を『バランス』にすればいいのではないかと。

あとは、唱題で知恵を湧現ないし授かりましょう。

困難な現実は祈って考えれば考えるほど、乗り越える為の智慧が湧きます。現実的な対策しかり、自身の捉え方の修正しかり、無数です。

その人にしかできない乗り越え方の智慧が湧くんです。

この生命力と知恵の武器で、現実から逃げずに乗り越えて、完治寛解して社会人として力をつける。

こういった青写真を描こうじゃないですか!

仮にそれができなかったとしても、挑戦しているあなたの方がずっとカッコいいし、潔いですよ!

ていうか、信じ切って祈り切って現実に挑みきれば、間違いなく完治寛解します。本当です。