Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【創価学会・役職・断る】役職を断ると罰はあるのか?

創価学会役職でお悩みですか?
本記事では筆者が役職に関して、学会本部相談室指導を受け、相談員の方の “境涯” に触れて感じたことをまとめています。
役職で悩む方の参考になれれば幸いです。

役職を断りたい!!

役職を断りたい。とかく部長は断りたい。部長ともなれば自分の知る常識では創価班牙城会班長本担がセットでついてきます。

全国的にはよく判りませんが、自分の知る組織ではこれがたいていの“お決まり”です。

ラインの役職では部長以上は必ず部長会という会合があり、人材グループでも班長部長会があります。

着任に関しては、班で欠員が出る場合、全て穴埋めするのはたいてい責任を背負う班長ですし、本担ともなれば年に3連休を4回は取る必要があります。勿論全ての会合を消化するのは不可能ですし、その環境でできる限りを挑戦しきることに本義があるのは理解できます。

ただ、時間がなくなるのは明白で、それが耐えられないのです。

 

自分が人生に最も求めているものを永らく考えていました。叶えるべき夢や、使命とは別の、シンプルな欲求です。

30を過ぎて解りましたが、それは “余裕” でした。時間の余裕。経済の余裕。人間関係の余裕。

贅沢かもしれませんが、余裕を心の底から求めていたことに気が付きます。

 

母の役職観

母の役職観はシンプルで

“学会の役職は戸田の命よりも大事だ” です。母は過去に引っ越しをしていて、それを本人は役職から逃げたと解釈しています。

母は大病を患っていますが、その病を役職から逃げた罰と認識していて、譲りません。

青二才の私は逃げたこと大病との明確な因果関係がわからない為に、その話を信じていないです。

大病の因は遥か過去世からの謗法だと思いますし、積み上げたあらゆる要素が複合的に織りなって結果をもたらしたものであると思っています。

しかし幼い頃からの洗脳は凄い力を有しています。頭ではそのように考えていても、心のどこかでは罰があるのではないか?と感じてしまっている自分がいるのです。

 

指導を受けに信濃町へ

本部相談室に行きました。

端的に役職を断ることによって罰があるのかを質問したのです。

 

御書には(罰は)色々出てくるが、罰はないと思う。という回答でした。みそです。“ないと思う”との回答。

 

相談員の方は、そもそも罰論は好きじゃない、その先がないので。と続けました。

罰と思うようなことに対して罰と思うかどうかであってその主観によって罰にもなり、またならなくもある。

つまり厳然と罰なるものがあるのではなくて、あくまで個人の主観によるものと思っている。と。

 

さらに、多忙な仕事で体調を壊していたり、家族の介護で生活が縛られていたり、難関試験など、外的な要因でやむをえずなら仕方ないことだし、内的な、単に心が引いているだけなら、よく題目をあげたほうがいい。と回答しました。

いずれにせよ罰はないと思う。と重ねて。

 

つまり内的な退きがあるわけでなく、使命感のある明確なものがあればそちらを優先してもいいし、基本的に選択肢は自由。ただ、決めるにはよく題目をあげよ。ということでした。

 

考えれてみればわかることで、芸術部スポーツ部ドクター部など、普通に考えれば仕事のスケジュール優先の職種でしょうし、その環境下でもできる内容のものとして話が来るのが普通です。その人にしかできない使命を等身大で果たせばいいだけなのではないでしょうか?

 

その人の境涯によって様々なはずです。

過去には公明党の委員長学会の副会長を兼任する人もいれば、現在でも芸術部であり副県長でもある壮年がいたりもします。

芸術部ひとつとっても、事務所所属の雇われタレントなのか、自らで事務所を持つ社長兼タレントなのかでは、組めるスケジュールだってまるで違うわけで、この自由度の差は、まさに今まで築き上げてきた境涯によるものでしょう。

したがって、できる人も、できない人も、千差万別ですし、結局はどのような自分でありたいかどのような境涯になりたいか?の如何によって決意の深さも曖昧さも、決定していくのではないでしょうか?

 

ここまで考えてようやくすっきりしてきました。

勿論余裕のある暮らしをしたいという我儘もありますが、それとは別に自分の時間をかけるべき使命もハッキリと見えています。自分のためにもなり人のためにもなり広宣流布にもなる自分だけの道。私は今は、副地区リーダーとしてやっていこうと思います。

 

ちなみに応対してくれた方は副会長ではない、とのことでした。

ただ、県全土を管轄していた青年部時代もあるとのことだったので、当然ですが方面幹部の方なのだろうと思います。私の答えのない質問に境涯そのもので答えて頂き感謝にたえません。

 

この方に色々と質問もしてみました。

役職を断ったことはありますか?

⇒ 一度もない。

 

役職を断ろうと思ったことはありますか?

⇒ 一度もない。

 

それはなぜですか?

⇒ 一番最初に信心のいろはを教えてくれた人から『役職は断ってはいけない』と言われていたから。

その人のようになりたくて信心をしていた。だから言われた通りに信心してきた。

 

このときに思いました。結局は、周りに信心している“人”で決まるんだな。と。

とある疑い深いキリスト教信者なぜ信仰の道にハマったかの体験談を昔読んだことがありますが、一番最初に聖書を説明してくれた人の人格があまりにも偉大だったから、という回答でした。何を聞いても懇切丁寧に腹を立てずに相手しきってくれた。と。

 

やはり偉大な人格が、愛が、人に信力を与えるのでしょう。そう確信しました。

この相談員の人はその意味で本当に運命的に環境に恵まれた人なのだろうな、と感じたのです。

 

もうひとつ質問しました。

役職を受けて幸福に思うことは?

⇒守備範囲が拡がること。様々な問題や出会いが増えていくこと。対応するごとに境涯が拡がり、またその切磋琢磨が今生人界の思い出になってきたこと。

そもそもこういったことはポジティブな境涯でないとできない所業です。

境涯が拡がり、悩みが悩みじゃなくなることは、実際に境涯が拡がった人でないとわからないことでしょう。

問題や出会いを避けて、怯えて、めんどくさがると、苦手な人には永遠に苦しまされるという地獄からは抜け出せません。この切磋琢磨が唯一死後にもっていける宝であり、鍛えた心の正しさ、強さ、柔軟さ、知恵、愛、つまり境涯こそが最上の幸福信じ切れるからこその解答なのでしょう。

 

功徳の本質と罰の本質

功徳とは六根清浄です。六根清浄されていく生命の変化の過程において、すぐに、目に見える形で現れるのが顕益、徐々に、そして目に見えない形で受ける功徳を冥益、といいます。

つまり功徳の本質とは、生命の前進です。

 

それでは罰とはと言いますと、六根清浄の逆を行くことです。生命を汚していく変化の過程において、目に見えて、あるいは目に見えずに発生してくるものを罰というのです。

罰の本質は、生命の後退です。

 

役職も、嫌で断る、怖いから断る、面倒だから断る、これが主体では、生命錬磨の逆を行きます。
人は強くならねば幸福になれない生き物です。弱いままでは六根清浄の逆を行くのです。
仮に役職を断っても、明確な使命の自覚があり、生命錬磨の舞台、境涯革命の舞台があるならば、そこで広宣流布をするのはまさにあなたにしかできないことでしょう。

 

少なからずこの記事を読み進めてこられたあなたは、役職に対してなんらかのモヤモヤをお持ちかもしれませんが、役職を切り捨てるほどの守るべく使命がないのであれば、または、どうしても主観として罪悪感や罰の感覚が出てきてしまうのであれば、大聖人に頭を下げて頼まれたと思って、今生人界の思い出と大境涯こそ幸福であると信力をだしてもらえたら。そう思っています。

 

おおいに題目をあげて考え抜いて頂きたいです。

 

カテゴリ【学会活動】の記事一覧

〔F活動と境涯〕F(フレンド)1の壁 【学会活動/楽しくない/したくない】学会活動やりたくない心との闘い・何のために戦うのか? 【やればやるほど仕事が増える】できない人・やらない人は、あらゆる意味で“本当に”無理なんです 【創価の会合に行きたくない】世代の価値観の違い/“青年は前へ”と会合で無理やり誘導される現状 【創価学会・役職・断る】役職を断ると罰はあるのか? 【勤行の意味】なぜ勤行をするのか?
Sponsored Links

謗法(ほうぼう)

戻る

謗法の意味、以下引用。

誹謗正法[ひぼうしょうほう]の略。正法、すなわち釈尊の教えの真意を説いた法華経を信じず、かえって反発し、悪口を言うこと。

これには、正法を護持し広める人を誹謗する、謗人も含まれる。護法に対する語。

日蓮大聖人は、文字通り正法を謗ることを謗法とするだけでなく、たとえ法華経を信じていても、法華経を爾前経より劣る、あるいは同等であると位置づけて受容することも、釈尊が法華経をあらゆる経に対して第一とした教判に背くので謗法とされている。

そして、諸宗が犯しているこの謗法こそが、万人成仏という仏の根本の願いに背き人々を不幸に陥れるものであるので、仏法上、最も重い罪であると人々や社会に対して明示し、その誤りを呵責された。

 

教学用語検索,SOKAnet,ttps://k-dic.sokanet.jp/謗法(ほうぼう)/,(引用 2019-1-27)