Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

夢がないことに悩み、使命がわからず迷う。境涯と幸福とは?

夢は沢山ありました。いろんなものを夢に掲げてきました。

最初の夢は12歳。大工になって自分の家を作りたかった。

次の夢は15歳。イラクに行って難民を救いたいと思った。海外ボランティアや外交官になりたくて英語を勉強しました。

19歳。日本一の地区を作りたいと願い、学会活動に没頭。

26歳。看護師になろうと決心。

29歳。気付けば塾講師になっていて、個人塾を夢に掲げました。

でも、どれも続かない。執念が出ないのです。

“これが自分の使命だ”と信じきれない。憧れが先行して適正や相性の噛み合わないものを無理やり夢に掲げても、ただ自分が辛いだけでした。

 

いつしか使命や夢を考えることさえ面倒になってしまいました。

どんな仕事がしたいのかを考えても、その先で新たに掲げる目標に執着しぬく自信がない。やりぬく意味を見いだせない。

これは自分以外の誰でもできることだ。。。

そうやってただ日々をこなすだけの毎日になってしまいました。。。

 

学会本部へ指導を受けに行った。

そのときに“境涯によって見える世界はまるで違う”と言われたことで動執生疑を起こします。

境涯ってなんだ?

題目をひたすらあげました。境涯とはなんなのか?

あげては考え、考えてはあげて。境涯で検索していろんな指導やブログなんかも読んでみました。

 

そうしたらある日の朝、唱題中にこんなフレーズが浮かんだのです。

『人と人とのその差異さいは、宿命と使命と夢に直結している』

これだ!と思った。

 

夢っていうと誰もがプロ野球選手とかピアニストとかノーベル賞とか、すんごいなにかを思い浮かべないだろうか?

少なからず自分もそうであって、夢というと尊大ななにかだと思っていました。

それだけではないと知恵が沸いた瞬間。

 

人の差異は修羅界を基盤におくとコンプレックスは苦しみで、才能はおごりになる。

うまれながらのその差異は、あるいは人生のその時点での形成されたその差異は、抗いようのない宿命。

 

自分はひどいニキビに13歳から悩まされていました。

見た目が醜いだけではない。なにより痒いし、洗顔の度に痛い。

このことを遺伝子の問題と諦めて見て見ぬふりをして、別の何か尊大なものを夢に据えて生きてきました。

身近なものをおざなりにして、遠くのものに手を伸ばす。

すぐそばにあるやるべきことから逃げて、ごまかして、尊大なものに挑戦する振りをしていたほうが自分が楽だっただけ。

逃げ道として掲げただけの夢なので、好きなわけでもなく、継続もできず、執着も責任もない。

まず立ち向かうべきは、健康、なかんずくこのニキビという差異。

 

 

結局のところ、このニキビが宿命であり、使命であり、夢だったのです。

抗えない宿命。抗えないからこその向き合うべき使命でした。掲げた色んな仕事の夢はやめてしまえばそれで終わりの選択できる範疇の使命。

しかし抗えない類の差異は、抗えないからこその絶対的に課せられた使命だったのです。

 

この夢を掲げることによってすべての世界観が変わりました。

目標(夢)に向かって生きることはとてつもない充実感なのです。

 

ニキビを治すことが夢と言ったところで人々は理解に苦しむかもしれません。この夢に向かい生きる充実感を語っても更に理解されないでしょう。

しかし、明らかに自分の中の世界観は変化を遂げています。

 

このニキビを治していくという一見ちっぽけな、自分だけのためのように思えることが、実は治癒していく様を見せる使命であり、治していく挑戦を示す使命であり、つまり全て、人のためと繋がっていたのです。

 

人の差異は菩薩界ぼさつかい(人のため)や仏界ぶっかい(使命感)を基盤におくことで、とてつもない歓喜となりました!

鏡を見ても、このニキビたちが全て自分の夢なんだ!使命なんだ!

人の為であり、必ず綺麗になれるんだ!

そう確信を持てた。

 

なにひとつ現実は変わっていません。なのにこれほどにも心は違う。

境涯とは、幸福に直結している。そう、確信しています。

 

だからこそ、題目をあげてあげて考えぬいてほしいです。

『人と人とのその差異は、宿命と使命と夢に直結している』

あなたのもつその差異を、自分自身の使命であると深く確信するために、考えぬいてほしいです。

使命の自覚と掲げた夢が、生きる意味と生きる情熱となって歓喜に変わりました。

等身大の自分のままで、宿命が歓喜に変わりました。

 

境涯が変わるその幸福を本当に味わってほしいと、心から願います。


【旬瞬の信心 関連記事一覧】

〔F活動と境涯〕F(フレンド)1の壁 学会活動したくない心との闘い/何のために戦うのか? 〔公明党〕憲法9条で内部分裂?自民党はなぜ改憲したいの?平和の本質って? 家の購入と結婚相手の見極め方とは? 居場所は自分で作るもの  やればやるほど仕事が増える 師弟なき時代 お金と境涯の関係、お金の本質とは? 学会の会合で前に座らされる『男子部(青年部)は前へ』の無理強い。少子高齢化と壮年婦人の権威化した組織の現状に青年はどう祈っていけばいいのか? 責任感即境涯。責任感ある信心は必ず境涯を開く。
Sponsored Links

動執生疑(どうしゅうしょうぎ)

戻る

動執生疑の意味、以下引用。

浅い教えに執着している心を動揺させて、疑いの心を生じさせること。仏が衆生を真実の教えに導くための化導法の一つ。法華経では、序品第1、方便品第2、従地涌出品第15でこの化導法が用いられている。

教学用語検索,SOKAnet,https://k-dic.sokanet.jp/動執生疑(どうしゅうしょうぎ)/,(引用 2019-1-27)